人気のサプリメントを徹底調査したコエンザイム専門サイトです♪
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

コエンザイム不足と効果的な摂取方法について

コエンザイムは人の体内にあるすべての細胞に存在しています。
心臓が動くのも、内臓が機能するのもすべてコエンザイムが細胞の一つ一つに働きかけているからです。

コエンザイムが不足してしまうと、体のあらゆる場所で身体の機能が正常に働かなくなってしまいます。
特に30歳以降の方や、歩くだけでも息切れがしたり、普段から疲れを感じやすくなっていたり、風邪をひきやすくなった方は、コエンザイムが不足している可能性があります。
コエンザイムが不足してしまう原因には、加齢が挙げられます。

20歳から25歳をピークにして、体内で合成出来る力が徐々に弱まっていきます。
食べ物からも摂取することが出来ますが、通常の食事で摂ることが出来るのは、4.2mgから7.2mgだと言われているので、一日の摂取したい量でもある30から60mgまで到底及びません。
そこでコエンザイムのサプリメントを取り入れるとよいでしょう。
サプリメントで服用する際に注意したいのが、必ず上限量を守ることです。
欲張りすぎて、コエンザイムを大量に摂取してしまうと、胃の具合が悪くなってしまったり、食欲不振、吐き気や嘔吐などの症状が出やすくなってしまうため、気をつけましょう。
コエンザイムを体内で効率よく吸収させるには、食前よりも食後に摂取した方がよいでしょう。

何故なら、コエンザイムは油に溶ける性質があるため、食事に含まれる脂質が、コエンザイムの吸収に役立つからです。
また一度にまとめて服用するよりも、食事のたびに服用した方が体内に吸収されやすくなりますので、食後三回に分けて服用するとよいでしょう。

トップに戻る