人気のサプリメントを徹底調査したコエンザイム専門サイトです♪
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

コエンザイムQ10がビタミン様物質とはどんな意味?

アンチエイジングに、筋力や持久力のアップに話題のコエンザイムQ10。
心筋梗塞や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待されるなど、効果は多岐にわたります。

そんなコエンザイムQ10とは、そもそもどのような物質なのでしょうか。
コエンザイムQ10が発見されたのは、1957年のことです。
人間の体を構成する細胞の一つ一つの中にある、「ミトコンドリア」と呼ばれる部分でエネルギーを作り出して生命活動を行っています。
人間の体を構成する細胞の一つ一つの中にある、「ミトコンドリア」と呼ばれる部分で酵素がエネルギーを作り出して生命活動を行っています。
その作用を助ける補酵素が、「コエンザイムQ10」なのです。

コエンザイムQ10はオレンジ色の物質で、その構造からコエンザイムQ10と名付けられました。
コエンザイムQ10は心臓のように一生休まず動き続ける器官を動かすためにも必要ですし、胃腸や肝臓などの臓器、皮膚や筋肉といった部分にもすべて存在しています。
しかし、加齢とともに減少し、細胞がエネルギーを生み出す力が、低下していくのです。
コエンザイムQ10は肉や魚や穀類など様々な食品に含まれていて、人間は食事で日常的に補給しています。
人間の体内でも、アミノ酸などを原料に生成されているのです。
そのため、欠乏症に陥ることはほとんどないと考えられています。
体に必要な栄養素といえば、ビタミンやミネラル、アミノ酸など様々なものがあります。
コエンザイムQ10は何かと言いますと、「ビタミン様物質」というものです。

ビタミン様物質とは、ビタミンのように微量で体に必要な成分でありながら、体内でも生成できる物質のことです。
ビタミンは体内では生成できない物質を呼びます。
コエンザイムQ10は、ビタミンと同じように体に必ず必要な微量な物質でありながら、体内でも生成できるため「ビタミン様物質」に分類されているのです。

トップに戻る