人気のサプリメントを徹底調査したコエンザイム専門サイトです♪
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

脳の疾患にも有効なコエンザイムQ10

脳の疾患に関連する病気の代表格として『アルツハイマー』と『パーキンソン病』というものがあります。
まず、『アルツハイマー』とは痴呆症の一種で、あるタンパク質が脳の神経細胞に蓄積をしてしまうと、その神経細胞が破壊をされて機能自体が低下をしてしまう病気となります。
症状としては痴呆をはじめとして、失語症や失認症などが挙げられます。
この病気が進行をしてしまうと、最終的には死に至りますので、非常に危険な病気となります。
次に、『パーキンソン病』とは、黒質という部分の神経細胞が何らかの原因で減少をしてしまうことによって、運動の指令をつかさどっている伝達物質の『ドパミン』という物質が減少をしてしまうという病気です。
症状としては手足のふるえやこわばり、動作が遅くなったり、バランスがとりづらくなったりというものが挙げられます。
これら2つの病気は、日本では昨今、高齢化社会の進行にともなって、患者数が非常に増加をしている病気となりますので、耳にされたことのある方もきっと多いことでしょう。
そして、昨今この二つの病気に有効であると考えられている栄養素があります。
その栄養素はサプリメントとして有名な『コエンザイムQ10』です。


『コエンザイムQ10』は、もともと人間の体の細胞内に存在をしている物質となります。
この物質は体内で非常に重要な働きをしています。
まず一つ目の機能が、『酵素』という物質の働きを助けて、体外から摂取をされた糖やアミノ酸や脂肪などの栄養素を人間が生きていくためのエネルギーに変換をする働きをしています。
二つ目の機能が抗酸化作用です。細胞は活性酸素という物質の影響で酸化をしてしまうことがありますが、この物質はその細胞の酸化を防ぎ、細胞の機能低下を防止する働きもしています。
このように『コエンザイムQ10』は人間にとって非常に重要な栄養素となるわけですが、脳においても同様に、有効な効果を発揮するのです。
まず、細胞のエネルギー生成力を高めますので、その細胞は活性化をされます。
また、神経細胞の破壊に大きく影響を及ぼしている『活性酸素』という物質を撃退する作用がありますので、『アルツハイマー』や『パーキンソン病』などの疾患にも効果が期待をされているのです。
このように『コエンザイムQ10』は通常の健康面や美容面だけでなく、脳に関連する重篤な病気に対してもその効果が期待をされている、優れた栄養素になるのです。
コエンザイムQ10で得られる美容効果はこちらに載っていますのでご覧ください。

トップに戻る