人気のサプリメントを徹底調査したコエンザイム専門サイトです♪
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

皮膚や肌に良いコエンザイムQ10はその他多くの効果が期待できます

コエンザイムQ10は全身の多くな細胞に存在し、心臓や肝臓、腎臓といった臓器にとくに多く含まれる物質で、人間が生きていくためになくてはならない物質です。
これは元々、人間の体内で作られる物質であるため、足りなくなれば生命に危険があるほど重要な物質でもあります。
通常コエンザイムQ10は体内で作り出されるほか、食事摂取などによっても補給されます。
20代まで活発であった体内での生産機能は30代では3分の2にまで落ち、さらに50代以降では半分近くとなってしまいます。
これは加齢による体の機能の衰えで、人が老いる上で誰もが同じ条件で、仕方がないと言えばその通りかもしれません。
人により個人差はありますが、あまり大差はないでしょう。
それを補うために食事摂取による補給が重要と言えますが、十分な量を摂るには食事のバランスや食事量の管理が非常に難しいと言えます。
そこで、十分な摂取をするためにサプリメントでの摂取が理想的であると言えるでしょう。
健康ブームが空前となり、ドラッグストアーなどでも手軽にサプリメントが購入できるようになり、数多くの種類のものが各販売元から売り出されています。
次では効果効能についての説明をします。


コエンザイムQ10には様々な効果効能があります。
まず、大きな効果としては体の至るところで病気を引き起こす原因でもある細胞の酸化です。
細胞の酸化は活性酸素が原因で、増えすぎた活性酸素が細胞の異常やDNAに対して悪い影響を与えます。
さらに、このような状態が進むことにより、癌や動脈硬化やその他の生活習慣病を引き起こす恐れがあります。
活性酸素はウイルスや細菌を攻撃する意味では良いのですが、増えすぎることによるデメリットも多いのです。
この活性酸素の抗酸化物質であるビタミンEはコエンザイムQ10が少ないと十分な抗酸化力が引き出せません。
もともと心臓病の治療用としてももちいられていたこともあり、不整脈や低血圧にも高い効果を発揮すると言えます。
細胞の酸化を防ぐことにより、加齢に対するアンチエイジング効果が高いことも証明されていて、加齢特有の血液や血管の障害を防ぐ効果があります。
アンチエイジングの面では皮膚にも良い影響を及ぼすと言われています。
皮膚のダメージを回復し新陳代謝を良くする効果があるため、シミやシワなどを改善し、皮膚の張りや肌の潤いをとり戻す効果も得られるでしょう。
サプリメント摂取で注意したいことは、過剰摂取をするのではなく適正量を守ることが重要であると言えます。

トップに戻る